お役立ち家具情報


ショートベッドってどれくらいの大きさ?

投稿者: kikk, カテゴリー: ベッド

ショートベッドは、通常のベッドと比べてマットレスの丈(長手方向)が短く作られているベッドで、一人暮らしのお部屋やワンルーム、子ども部屋などにぴったりのベッドといえます。そのため、ここ数年の間に急速に普及し、多くの家具店やネットショップでも取り扱われるようになってきています。そこで今回は、ショートベッドのサイズについて着目してみたいと思います。

ショートベッドに限らず、ベッドのサイズを表す際の基準となるのは、枠組み(フレーム)の大きさではなくマットレスのサイズになります。ショートベッドは、その名の通りこのマットレスの長さが短いベッドのことを指していいます。一般的に、シングルサイズのベッドのマットレスの長さは195cm程ですが、ショートベッドの場合はそれよりも15cmほど短い180cm程度のサイズで作られています。ちなみに、横幅については通常のシングルベッドと同じ幅100cm程のものが一般的です。しかし、さらにコンパクトなタイプのショートベッドをお探しの向きには、幅のサイズが85cm程のセミシングルというサイズがあります。このセミシングルサイズはまだ一般的には普及しておりません。そのため、商品によってはサイズ展開していないことがありますので、商品ごとにチェックが必要です。

ショートベッドの長さ180cmはあくまでもマットレスの長さです。これにヘッドボードやベッドの木枠(フレーム)の大きさが加わるため、実際には180cm以上になります。ですので、購入の際には配置場所に十分なスペースがあるかどうかを事前にチェックすることが大切です。ヘッドボードありだと設置が難しいという場合には、ヘッドボードのないタイプのショートベッドなどもありますので、こちらを検討してみるのも良いかもしれませんね。また、マットレスに脚が付いたマットレスベッドというタイプもあります。こちらはマットレスのサイズがそのままベッドのサイズになりますので、スペースが限られていれば、こちらを検討してみるのもよいでしょう。

コメントする

« 前ページへ« 前のページ  次のページ »次ページへ »

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。