お役立ち家具情報


羽毛布団のチェックポイント

投稿者: kikk, カテゴリー: 布団

羽毛布団を購入する際には、どういう点を注意して選べば良いのでしょうか?今回は羽毛布団を選ぶ際のチェック・ポイントについてお話ししたいと思います。

・ダウンとフェザーの混率等を確認

まずは、ダウンとフェザーの混率と詰め物の量を確認しましょう。布団を四つに折りたたんで、かさの高いものの方が、羽毛の間に空気を多く含んでいて暖かい布団になります。

・品質管理合格証を確認

次に、厳しい品質管理検査に合格した証である「GFマーク」あるいは「ゴールドラベル」などのラベルが付いているかどうか確認して下さい。羽毛布団は、羽毛の洗浄や殺菌処理が不十分な場合は、ダニや雑菌が発生してしまう可能性もありますので、これらのマークが付いていれば、正しい処理が行われていることになりますので、安心してお使いになれます。

・混率・詰め物量が同じでも価格が違うのは何故?

水鳥の種類、生産地、生産方法等によって、羽毛の品質が決まってきます。厳寒地で育成されたものを手摘み(ハンドピック)したものは品質も良く、価格も高くなります。また、品質の良さは、耐用年数にも比例しますので、その点も念頭にいれてお選びになられると良いでしょう。

・耐用年数はどの位?

羽毛布団は、他の布団に比べて耐用年数は長いと言われています。品質の高い羽毛を使用した場合は、30年以上使用可能です。その理由は、羽毛自体がへたりにくいためで、かさ高はあくまでも羽毛の間に含まれる空気の量によるもので、羽毛自体に負荷がかからないためです。
ただし、羽毛布団の側生地には、羽毛ほどの耐用年数はありませんので、定期的なリフォームが必要になります。5年前後を目安にして、側生地をチェックされれば、長い期間にわたってお使いいただくことができます。
羽毛自体の耐久性の高さから長期間の使用も可能な羽毛布団ですが、残念ながら洗浄処理等が不十分な安価な粗悪品も多く出回っています。安心して長くお使い頂くためにも、信頼できるお店での購入をおすすめします。快適な羽毛布団で心地よい眠りを手に入れて下さい。

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。