お役立ち家具情報


ローベッド ~快適な眠りのために~

投稿者: kikk, カテゴリー: ベッド

ローベッドは圧迫感がないので、開放感のある空間がお好みの方に人気です。また、日本人は古来より床座の生活(低いライフスタイル)をしてきたので、ローベッドを求める方が多いようです。そんなローベッドですが、さらに寝心地を左右する要因として、マットレスの存在も欠かせません。そこで、ローベッドに使われるマットレスについてお話したいと思います。

価格も安く、広く普及しているタイプの1つとしてボンネルコイルマットレスが上げられます。ボンネルコイルマットレスは、スプリングを使用したマットレスで、たくさんのバネが連結されていて、荷重を面で受けるような仕組みになっています。そのため、他のマットレスと比べてシッカリと体を支えてくれる感じがあり、「やや硬めの寝心地」と言われています。しかし、スプリングの硬さが直接肌に伝わっては寝心地が悪いので、側生地との間に数センチのウレタンやシリコンフィルが入れてあるのが一般的です。

ボンネルコイルマットレスと双璧をなすマットレスにポケットコイルマットレスがあります。このマットレスもスプリングを使用していますが、こちらは、スプリングが1つひとつ独立していて(連結されていません)、点で体を支えます。そのため、体の形や姿勢に合わせた形にスプリングが変化します。柔らかめの寝心地を求める方にはポケットコイルマットレスがおすすめです。ボンネルタイプに比べてコイル数も多く、クッションとしてのウレタンフォームの構造もしっかりとしていますので、当然ながら価格もボンネルコイルマットレスより高くなります。
ポケットコイルマットレスは人気が高く、商品のバリエーションも豊富です。ハイグレード仕様の商品になると、コイル数が多くなったり、スプリングにピアノ線を使用したりして強度と耐久性を向上させているものもあります。また、ウレタンフォームを2重構造にすることによって、心地よい柔らかさを追及した商品も出回っています。プレミアムクラスになると、さらにコイル数は多くなり、ポケットコイルを交互に並べたりするなどの工夫を凝らして、理想の寝姿勢を追求した商品もあります。
こうした高級品の中には、詰め物にハードタイプのフェルトを使用しているものがあります。これは、柔らかい寝心地が腰痛の方には向かないという点を考慮し、やや硬めの寝心地に仕上げてあります。
このほか、清潔度をアップさせるために、バージンフェルトを使用しているマットレスも販売されています。

高級マットレスとして、最近売り出されているものに「ウレタン入りナノポケットコイルマットレス」があります。このマットレスでは、クッション性を高めるために、最高級のウレタンフォームが使用されています。プレミアムタイプに比べてコイル数は約2倍!さらに、腰部分にはハードタイプのコイルを、頭や脚の部分にはソフトタイプのコイルを使用、点で支えるマットレスの究極タイプと言える商品です。

一口にローベッドといっても、マットレスによってかなり寝心地が変わってきます。ですので、ローベッドであなたが求める寝心地を選ぶ際に参考にして下さい。

コメントする

ショートベッドを購入する前の注意点

投稿者: kikk, カテゴリー: ベッド

数年前に登場したショートベッドは小柄な女性や子供に人気があり、ジワジワと浸透しつつあります。しかし、購入後に「あっ、しまった。失敗した!」となってしまう方も少なくないようです。そこで、「ショートベッドのマットレスが短いという特性」から、購入前に確認しておきたいことや注意すべき点についてお話ししたいと思います。

●身長制限があります

ショートベッドはマットレスの長さが180cmと短いため、残念ながら背の高い方には向いていません。身長160cm前後が、ショートベッドを使う上でのボーダーラインと言われています。
何故かと言いますと、健康な人の場合、一晩に20~30回寝返りを打つと言われています。そのため、身体の横幅の左右にそれぞれ20cmプラスした横幅が必要となります。横幅には腕を横につけた幅になりますので、日本人女性の場合は平均50cm前後になります。50cmに40cmを足すと必要な横幅は90cmになります。シングルサイズの幅が90cmなのは、実はこうした理由があるのです。そして、寝返りを打つ際には、上下にも移動しますので、マットレスの長さに関しては身長に20cmプラスした長さが必要となるのです。

●ベッドパッドやカバーが少ない

ショートベッドには身長制限があるため、通常のベッドに比べれば普及率はかなり低いのが現状です。そのため、近くのお店で敷きパッドやボックスシーツなどを手軽に購入できないというデメリットがあります。ショートベッドを購入される際には、一緒に敷きパッドやボックスシーツを忘れずに購入することをおすすめします。
楽しみにしていたショートベッドが届いても、それに合うベッドリネンがなくて使えない…という残念なことにならないように注意したいものです。

●種類があまり多くない

残念ながら、ショートベッドは今のところ通常のベッドに比べて種類が多くありません。けれども、以前に比べれば、収納ベッドのような機能性がついたものも随分増えてきています。ですので、自分の欲しい機能があるようでしたら、ネットなどを利用して小まめに探すとよいでしょう。今はなくても、近い将来発売される、といった情報を得られるかもしれません。

いかがでしたか、これらの点を踏まえた上で、あなたのお気に入りのショートベッドを見つけて下さい。

コメントする

  

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼って、ご自由にお使いください。